5/12(土)リーグ14節。
ホームNISSANでのガンバ大阪戦。
1-1のドロー。

「やられた場面なんてあったっけ?」ってくらい危険なシーンは無くて。
この出来のガンバに勝てないか。くそぉ。
失点自体は失われた時の陣形の悪さや切り替え時のプレスのヌルさがあったのは確か。
ですが、まぁ見事でスーパーなキックをされたのでアレは仕方ないかと。


それよりも、セットプレーでの1ゴールしか奪えなかったオフェンス。
チャンスはこちらも「あら?あったっけ?」な感じ。
実質相手が5枚居たので厳しいが、ボールは握るも決定機は僅か…。
通れば決定機というシーンでは、山中のサイドからのクロスがこの日は全部ひっかかってしまい、決定機に繋がらず。
ま、こんな日もあるさ。

ラストには、ウーゴを外してテルのワントップなど試行錯誤しましたが、実らず。
苦しいですね。というか、テルのワントップは閃きか、ボス?


試合の結果は残念でしたが、選手に変化が見えてきました。
(いまだオイオイって動きも選手もいますが…。ಠ_ಠ)
迂闊なミスによる速攻ピンチも少なくなり、試合自体は完全に握りました。
悲観する内容ではないし、中断期間の時間の過ごし方次第で結果は自ずと付いてくると感じます。
まだまだココから。

それにしてもAJのFKは見事だったなぁ。
是非、CKのほうも頼むわよ ಠ_ಠ

-------
金髪扇原。「リメンバー2001」か…。
そのうち、選手皆金髪になるのか?

FullSizeRender