3/18(日)アウェイでの浦和レッズ戦。
1-0の勝利。
勝利って良いですね〜。

ナイスゲームでした。
前半は非常に展開が早く見ていて面白いゲームでした。
あっという間の45分。

この日スタメン起用の扇原の特徴である長く正確なボールをゴール前に入れるという彼の特徴を生かした攻撃からユンユンが落としてウーゴ。
短いボールだけにこだわらず、あのような変化を加えることはスペースメイクや目線を動かす意味でも重要かと…。

後半は浦和が引いて構えて狙うスタイルへ変化したことで、ボールを握り回す時間が長くなりました。
90分トータルでポゼッション59%でパス数でも浦和を圧倒的に上回るデータを見て、こんなに短期間で変わるのかと…。
昨年開幕レッズ戦からまだ1年よ…。凄いな。

そして、この試合では再三チャンスを得たウーゴ。
4つ目で見事にゲット。
開幕からここまでペナ近くでウーゴにボールが入らない試合からすると90分で4つも決定機があったこと次第がまず良かったですね。
今日はウーゴの日じゃないか…との想いが頭をよぎったのは俺だけじゃないはず…。すまん、ウーゴ。
しかし、ラストしっかり決める。流石です。本当、頼もしいストライカーだわ。

この試合で、気になった点。
前半。
左から来たボール。右にはラップ仕掛けて上がっていく選手が居た。
目の前でただ立っていただけの相手10からはプレスも無いのに、すぐに下げてしまったAJ。
これまでと同様、前への意識に大きな変化無し。
後半は相手が下がって構えたことで前に良いボール出せていたが、求めているのは前半のような厳しさの中での前への意識。
全くもって物足りない。

前節でやっちまったミスは技術的なものではなく、前への意識の欠如から生まれたもの。
前の意識があればあのバックパスはなかったと思う。もっと前を向く意識を持ち、上手い選手から恐い選手へ化けてほしい。
もう既に欠かせないピース。しかし、彼はもっと上へ行ける選手だと思う。頑張れ、AJ!


ボス「選手たちが報われて良かった…。」
自身も初の日本での指揮、開幕から未勝利の中で苦しかっただろうに、最初に選手をねぎらう。
惚れそうだわ。

ここに9大津、20オリバーと個の力を持つ選手がチームに加わり、更にスケールアップするでしょう。
中断明けのゲームが今から楽しみです!

ここまで連戦が続いたので、まずはリフレッシュして良い準備をしてください。


-------
スピードスター坂田大輔。
お疲れ様でした。ありがとう。


61887D2E-FE7A-4BDC-B74F-22269976C491