12/1(土)リーグ34節。
ホームNISSANでのセレッソ大阪戦。
今シーズンラストゲーム。
1-2の逆転負け。

ザ・消化試合な熱の無いうっかりプレイばかり。
ついでに、シーズンラストで、このレベルのチーム熟成では厳しいな。成功例と結果によって自信と連携が積み上げられている時期にあって、いまだ迷いを強く感じ、連携の深みはあまり見えませんでした。

2018年、なかなか厳しいシーズンになってしまいました。
開幕まであまり時間が無く準備不足は否めない中でスタートした2018シーズン。
W杯中断まで凌ぎ、中断期間キャンプでチームはブーストする…。そんなイメージを持ち、見てきました。
ですが、チームが熟成し勢いが加速するよりも、なんだかどんどん尻すぼみ…。そして、J1残留を決めたのは最終戦…。

いつ覚醒するか…待っているうちにシーズンが終わっちゃったやんけಠ_ಠ

でも、なんだかんだ楽しかったなぁ、今季も。。
祝残留。 あ、本音が出てしまった。。
はぁぁ〜、ホッとしたわ。

シーズン通して感じていたこと。
ボールを握りイニシアチブを取る中で、ミスって失点。よく見たシーン。そりゃ選手はミスをするものだから、ミスったことは仕方ないもの。ただ、組織としてのミスった後のケアをする態勢が整備されてなかったように感じたことが多々あり、共通意識の中にどこまでボール奪われた後の態勢作りやケアをプライオリティ高く置いていたのか。実はただのイケイケ攻撃な意識になってはいなかったか…。
また、セルフジャッジで倒れ、横を相手がボール運んでるのに審判見てるだけだったり、ミスして天仰いで脚止めちゃってボール追わないだの…切り替えがこれだけ遅けりゃ、そりゃ勝てないよな〜って。
この2点は抜本的に見直すべきかなぁ。

今季はとても厳しいシーズンでしたが、それでも選手の成長は確かに感じましたし、来年はやってくれるはず。
来年の大爆発のための仕込みの1年だったんスヨ!ね?ボス。

ボス、目指すサッカーをピッチで表現するために必要と思う来自分のリクエストをガツンと要求し、来年こそはもっと魅力的でもっと強いチームにして欲しいです。
扇原以外に組み立てが出来るアンカーが補強出来れば3バックはハマるか…。今のマリノスでボスが志向するサッカーをカタチにするには3バックの方が適性あると感じています。

俺はボスを信じています。
今年は我慢したんだぞ(あ、本音が出て…)。
来年の進化を楽しみにしています。

マリノスを愛する皆さま、今シーズンもお疲れ様でした。
来年こそ、トリコロールにタイトルを!!
VIVA TRICOLORE!

最後に…。
このオフシーズンも悲喜交々あると容易に想像出来ますが、未来を見据えて、チームを信じ、踊るときは全力で踊り、泣く時は魂の涙を流します…(覚悟はある)。

ウーゴー 俺のウーーゴー!!

—————
2010秋から始めたこのブログ。
毎年のことですが、シーズン終了したので、来年開幕までブログは冬眠します。
ツイッターやインスタはボチボチとやりますが…。

皆さま、良いシーズンオフを。
良きストーブリーグになりますように。。

では、また来年!
FullSizeRender